職場」カテゴリーアーカイブ

夫のパワハラ被害を放っておくな!

あなたの旦那さんがパワハラ被害に遭っているときに、放っておくことは、かなり危険です。

旦那はパワハラを我慢しようとする

まず、旦那さんは家族のことを考えて、パワハラを耐えようとします。

男というものは、あまり仕事のことに対して、家族には言わないこともあります。

なので、あなたが気付かない、もしくは放っておくと、そのままになってしまうのです。

もし夫の身体が壊れたらどうする?

そして、もっとも気をつけるべき点は、夫の身体です。

パワハラを受けて、精神的に参ってしまい、鬱になり、職場復帰できない可能性もあります。

さらには、自殺というケースもありえなくないのです。

仮に、夫が身体を壊して鬱になり、収入が途絶えてしまったら、あなたはどうしますか?

パワハラは放っておいても悪くなるだけ

また、パワハラというのは、放っておいても治るわけではありません。

パワハラをする上司は、自分が悪いとは思っていないので、指導の一環と称して、パワハラを続けてきます。

つまり、あなたの夫は、やまないパワハラで苦しむだけなのです。

外部に相談せよ

もし、夫のパワハラ被害が発覚したならば、外部にも相談すべきでしょう。

夫婦だけでは、パワハラ問題を解決するのは難しいです。

夫のためにも、家族のためにも、パワハラ問題とは向き合わなくてはなりません。

旦那がパワハラ被害に遭ったら、あなたはどうすべきなのか?

仕事に命をかける必要はない

世の中には、「仕事に命を懸けろ」というひともいます。

果たして、それは正しいのでしょうか。

仕事に命をかける必要はあるのか

私は、そうは思いません。

人生とは仕事以外にも、大切なことはたくさんあります。

仕事に命をかけることは、決して正しいとは思いません。

あなたの代わりはいくらでもいる

正直言って、あなたの代わりも、私の代わりも、仕事ならばいくらでもいます。

たとえ、誰かがいなくとも、仕事は当たり前のように動いていくのです。

なので、わざわざあなたが仕事に命をかける必要はありません。

パワハラに我慢しようとするひとが多い

しかし、特に日本人はパワハラを受けても、仕事を頑張ろうとしがちです。

本当は辛いのに、やめたいのに、まるで仕事をやめることが悪いかのように考え、仕事にもパワハラにも耐えようとします。

そして、最悪の場合は命を落としてしまうのです。

果たして、それが本人にとって一番望んだ人生なのでしょうか。

あなたの命の方が大事

仕事よりも、あなたの命の方が大事です。

仕事なんて探そうと思えばいくらでもあります。

しかし、あなたの命は、一度失うと二度とありません。

仕事のことばかり考えるのではなく、あなたの人生を有意義にしていくべきでしょう。

社会の闇!警察署で起きるパワハラ自殺!

令和の時代になっても、パワハラは当然のように存在します。

しかも、人を守るべき、警察内部でも起きているのです。

警察内部にもパワハラ自殺はある

令和になっても、警察内部でパワハラが起き、しかも被害者は自殺までしています。

警察だからと言って、人格者ばかりがいるのではなく、実際は他人を傷つけるような人間もいるということです。

誰も守ってくれない

はっきり言って、パワハラが起こると、警察だろうと誰だろうと、守ってくれない状況に陥ります。

所詮、みんな自分が可愛いので、自身を犠牲にしてまでも、あなたを守ってくれるわけではないのです。

パワハラは内部で解決しようとするな

なので、パワハラ被害に遭ったら、内部だけで解決しようと思わないことです。

所詮、内部だけではパワハラを解決できないことがあります。

たとえ警察官であっても、必ずしも人格者なわけではないので、外部にも相談してみましょう。

夫のパワハラは家族だけで考えるな!

夫のパワハラ被害をどうにかしたい。

そういう気持ちはよくわかります。

しかし、夫のパワハラ被害は、家族だけで考えても、解決しないことが多いです。

パワハラは夫婦だけで考えてもらちがあかない!

なぜかというと、たとえ家族で考えても、パワハラが止むことはないからです。

所詮家族だけで考えたところで、誰かの協力を得ない限りは、先へは進みません。

夫は必ずしも妻の意見を聞かない

また、夫も必ずしも妻の意見を聞くわけではありません。

やはり、家族の大黒柱なので、どうしてもパワハラを受けても、頑張ってしまうのです。

妻が止めようとしても、なかなか夫が言うことを聞かないこともあります。

外部に相談する

なので、夫婦だけの話題にはせず、まずは外部に相談してみましょう。

退職代行サービス「退職代行ニコイチ」

汐留パートナーズ法律事務所「退職代行サービス」

上記のように、相談できる場所はあります。

まずは、相談だけでもしてみると良いです。

一人がダメになると、家族全員がダメになる

このような問題は、一人がダメになると、家族全員がダメになってしまいます。

そうならないためにも、いち早く問題解決できるように、誰かの協力を得ることです。

家族や夫婦だけでは、どうしても視野が狭くなってしまいやすいので、専門家の考えも聞いてみましょう。

パワハラ被害者は慰謝料請求で大金がゲットできるよ!!

もし、今現在パワハラを受けているならば、はっきり言って、大金が得られるチャンスです。

パワハラ受けたら慰謝料請求しよう!

私は過去にパワハラを受けて、会社から80万円慰謝料を得たことがあります。

もし、パワハラを受けているならば、慰謝料請求で100万円近く得られることも、あなたに知ってほしいです。

パワハラ上司は刃向わないと思っている

大抵、パワハラ上司は部下が刃向わないと思っています。

なので、いざ訴えたり、慰謝料請求すると、向こうは驚くはずです。

証拠があれば、会社に勝ち目はない

例えば、もしパワハラの証拠を音声や録画で収めているならば、会社に勝ち目はないでしょう。

また、それ以外でもメモでも有力な証拠となりえます。

とにかく、パワハラ被害に遭ったことを、第三者に説明できるのであれば、あなたは慰謝料請求できる可能性は十分にあるでしょう。

ただやられるだけは勿体無い

本来、会社は従業員を守る必要があります。

それにもかかわらず、従業員を守ることを怠り、パワハラがされているならば、あなたは訴えるべきです。

ただやられるだけでは、あなたが傷つくだけです。

会社に慰謝料請求すれば、十分にお金が得られる可能性があります。

しかも、100万円近くの大金が得られれば、経済的にもかなり助かるでしょう。

会社に未練はあるか

しかし、残念ながら多くのひとが、訴えるようなことをしません。

それは、「会社に悪い」「あとで何をされるかわからない」といった理由があるでしょう。

しかし、会社はあなたのことを守ってくれませんし、あなたのことを気にしてはいません。

所詮、駒として扱われるだけです。

また、あとで仕返しなどもありませんので、パワハラ被害を受けているならば、しっかり慰謝料請求すべきです。

弁護士費用もペイできる!

また、会社を訴える際は、弁護士に相談する必要もあります。

ただ、弁護士費用も十分ペイできることもあるので、気にせずにまずは専門の窓口へ相談してみることです。

大金を得て、会社を辞めよう!

この世の中は、パワハラ被害に遭いながらも、ただ泣き寝入りしてしまう被害者がとても多いのです。

それはものすごくもったいなく、あなただけ損をすることになります。

いつまでもパワハラに耐える必要はありません。

ぜひ訴えて、慰謝料請求しましょう。

これまでの償いを上司や会社に取ってもらうのです。

パワハラを指導と勘違いしている

パワハラ上司は、自分の行動をパワハラとは認めません。

パワハラでありながらも、それは指導であると言い張ります。

パワハラなのに指導と言い張る上司

上司にとっては、パワハラではなく、指導というわけです。

指導と捉えているので、どんなに暴言を吐こうとも、自分が悪いとは思っていません。

あくまで、部下を育てるためという名目で、部下に対して高圧的な態度を取ります。

自身の行動を正当化したがる

このように、パワハラを行う上司ほど、自分の行動を正当化したがるのです。

どんなにパワハラで部下が傷つこうとも、自分の過ちを認めようとはしません。

どんなに部下が傷ついても気にしない

なので、パワハラを行う上司は、どんなに部下が傷ついても気にしないのです。

むしろ、部下を痛めつけることが指導であると勘違いしているので、部下を痛めつけることが良いことと思っています。

パワハラは簡単にやめてくれない

ですから、パワハラは簡単にはやめてはくれません。

あなたは、理不尽なパワハラにただ耐えなければいけないのです。

そういう間違った上司の下につくと、非常に苦しい日々を送ることになるでしょう。

パワハラ上司は、たとえ部下が自殺しても、平然と職場に居続ける

残念ながら、世の中にはパワハラが原因で命を落としてしまうひともいます。

パワハラ上司は部下を自殺に追い込む

パワハラ上司は、部下を極限まで追い込み、自殺まで起こしてしまいます。

それくらいパワハラ被害を受けている部下は、精神的にも肉体的にも追い込まれているということです。

たとえ部下が命を落としても、パワハラ上司は働き続ける

しかしながら、部下が命を落としたからといって、必ずしもパワハラ上司が刑罰に処されるわけではありません。

むしろ、パワハラを起こしておきながら、平然と職場で働く上司もいます。

また、ひとの命を奪っておきながら、安い賠償金で済まされてしまうことも多々あります。

結局被害者は攻撃されるだけでしかない

このように、被害者は命を落とすまで攻撃されても、結局は償われることはないのです。

ただ攻撃されるだけで、誰かが責任を取ってくれるわけではありません。

いつまでもくだらない世界にいるのはやめよう

残念ながら、世の中は冷酷な人間もいます。

ひとの命を奪っておきながら、平然といつも通り働き、そしてまた同じような過ちを繰り返すのです。

社内であなたを守ってくれるひとがいないならば、いつまでもくだらない世界に居続けないことです。

もし、このままパワハラを我慢していると、あなたの命が奪われてしまう可能性があります。

くれぐれも無理はしないようにしましょう。

パワハラ上司は自身の正当化のため味方を作ろうとする

パワハラ上司は、とても汚いやり方をして、部下をいじめます。

パワハラ上司は自身を守るため味方を作ります

パワハラ上司は、自分を守るために、自分の味方を作るのです。

パワハラ被害を受けている部下のことは一切考えません。

ただ、パワハラをしているので、自分が責められないよう、味方を作り、自分を守ります。

味方をつけて、あなたを攻撃する

なので、味方にも、あなたにパワハラをさせるのです。

そうすれば、自分ひとりの責任ではなく、あたかも、あなたが悪いので、攻撃しているかのように周囲から見せられます。

また、味方がつけば、より自身のパワハラ行動を正当化できるというわけです。

また、パワハラ上司は陰湿なので、そのように根回しするのも得意です。

例えば、学校でのいじめも、いじめっ子がすぐ家来を付けるように、パワハラの主犯も、味方をつけて、相手を攻撃するのがうまいのです。

あなたの味方を奪う

また、仮にあなたの味方が社内にいたとしても、パワハラ上司はあなたの味方さえも奪います。

例えば、もしパワハラ上司に逆らえば、そのひともパワハラのターゲットになるので、あなたの味方も、あなたから遠ざかっていくのです。

さらに言えば、あなたの味方だったひとも、パワハラ上司の味方に寝返ることもあります。

集中攻撃で逃げ場を失う

このような状況になってしまうと、もはや逃げ場を失い、ひたすら集中攻撃に耐えるしかありません。

パワハラ上司は、そうやって苦しむ姿を見て、楽しんでいます。

そこで耐えても意味はない

もはや、そこで耐える意味はありません。

むしろ、耐え続けると、あなたの身体を壊してしまいます。

パワハラ上司は本当に陰湿でサイコパスなので、いち早く外部にも相談してみることです。

パワハラ上司は、「部下は耐えて当たり前」と思っている

パワハラ上司は、自身の行動を正当化します。

パワハラ上司は自分が悪いとは全く思っていない

パワハラ上司は、決して自分が悪いとは思っていません。

人間は誰しも自身の行動を正当化したがるものですが、同じように、パワハラ上司も自身の行動を正当化します。

むしろ部下が悪いと思っている

パワハラ上司は、むしろ部下が悪いと思っています。

本来は、部下は被害者であるにもかかわらず、加害者である自分を正当化して、被害者である部下を悪いと考えるのです。

だからこそ、パワハラは続いていきます。

指導(パワハラ)することが偉いと思っている

また、「パワハラは指導である」と勘違いしているのです。

本当はパワハラなのにもかかわらず、指導という名で、平気で部下を攻撃し痛めつけます。

なので上司からパワハラをやめることはない

このように、そもそもパワハラ上司の考え方が間違っているので、上司に何を言っても意味はありません。

残念ながら上司がパワハラをやめることはないでしょう。

大体のパワハラ上司は、考え方が間違っているので、被害者が悪いと考えます。

いつまでもそのようなパワハラに耐えず、まずは誰かに相談してみることです。

パワハラ上司はメールを読んでもわざと返さない

過去にパワハラ上司に仕事のメールをしても、すべてシカトされたことがあります。

パワハラ上司はメールをシカトする

パワハラ上司は、こちらが仕事で聞きたいことをメールしても、すべてシカトします。

こちらが返事を何日も待っても、まったく返信してはくれません。

メールを読んでも、わざと返さない

ただ、メールは読んでいるのです。

それにもかかわらず、わざと返信せず、こちらが仕事出来ないのを喜んでいます。

わざとメールを返さずに、仕事を進ませないようにしているのです。

メールの返信がないので仕事が進まない

また、こちらとしては、上司からメールの返信がないので、勝手に仕事を進めることができません。

なので、仕事が進まず、また怒られるということになります。

結局、メールをしても返信されず、どうしていいのかわからないままでいても、怒られるだけなのです。

パワハラ上司は、わざと仕事を止めさせる

パワハラ上司は、それを見て喜んでいるかのようです。

こちらの仕事なんて大したことないと考えており、部下に思うように仕事をさせようとしません。

そういう環境で働いていると地獄です。

思うように働けず、ずっと怒られることになります。